«

»

8月 19

有明坑跡、最後の見学会


2012年8月18日大牟田の炭鉱有明坑跡の立坑櫓の解体が決定し、最後の見学会が行われましたので行ってきました。有明坑跡の見学は2回目。以前数年前に見学会に参加したのですが、その時は当時の整備関係の部門長かなんかの人が説明してくださって新聞社が取材とかもしてました。写真をどこに保存したか忘れちゃって出てこないんです。最後の見学会に参加できて良かった。
大牟田・荒尾 炭鉱のまちファンクラブが見学会を企画してくださって、マイクロバスに乗車して現地へ。なんと無料。ありがとうございました。当時有明坑に勤めていた方が、参加者として参加しておられて当時のことを説明してくださいました。その方は、坑内で怪我をして義足になり坑外で勤務しておられたそうで、坑内火災の時の話なども聞かせていただきました。
有明坑画像有明坑1
なんとか保存してもらいたかったのですが、維持にも莫大な費用が掛かるんでしょうしね。跡地には太陽光発電設備”メガソーラー”が作られるそうです。ニュースによると「立坑櫓があると日照が妨げられて発電効率が落ちる」からだとか。「移設するのであれば無償で譲渡する」らしいけど、そんな金どこにもないでしょうしね。所有企業からすれば、金にもならんしさっさと取り壊したいんでしょうね。


有明坑2違う形式の立坑櫓が並んでいるのは、たいへん珍しいことなんだそうです。近いうちに取り壊されるらしいのでこれで見納め。写真撮れてよかった。
有明坑グーグルアース画像
lat=33.0816088483, lon=130.413672655グーグルアース画像取得日2006年4月